【Forties】安永美紀のLife Style

安永美紀さん 座右の銘 レディstyle

女性として、社会人として強い魅力と輝きを併せ持つ40代。

妻や母としての顔も持ちながら、彼女たちはどのように生きているのか。

ひとりの人間としての責任やプレッシャーを背負う世代でもある40代女性たちの「働き方」と「生き方」をリアルに紹介するコンテンツ。


海外の大学を卒業し、キャビンアテンダントを経てフラワーフォトセラピストに。
ヒーリングを通じて「クライアントを笑顔にする」ことを目指す3児の母のLife Style。

安永美紀のLife Style

安永美紀

▶安永美紀(やすなが みき)
〇1976年生まれ、福岡県出身、宇都宮在住
〇男・男・女の3人の母
〇花の写真を使って心を整える「フラワーフォトセラピスト」

美紀さん1

■海外大学卒でCA経歴のある3児の母
3人の母である安永さん。彼女はアメリカ ペンシルバニア州ハーカムカレッジ ツアリズム学科を卒業した後に、ユナイテッド航空CA、スターフライヤーCAとして世界各地を飛び回った経歴を持ちます

日本と世界の架け橋になりたいと、外資系や日系の航空会社でキャリアを積まれていました。


まね子

海外の大学を卒業しているカッコイイ美紀さん♪ パワフルな3人のお母さんでもありますが、体調を崩したことが転機となったようです

みきさん

■マクロビに出会い、心のケアの必要さに気づく
結婚後、ストレスで持病が悪化したことで自身のカラダに向き合おうとした30代。食生活を見直すためにマクロビについて学ぶと、「カラダとココロは食べたものでできている」ことを身をもって実感する。

カラダを整えることに囚われすぎると心が疲弊することにも気づき、そこから様々なセラピーに出会っていきます。


まね子

フラワーフォトセラピストになったきっかけは「自身と向き合ったこと」だった美紀さん。フラワーフォトセラピーとココロのケアについてお話いただきました

メール▶美紀さんにコンタクトをとってみる!
Mail:miki.flowerphoto@gmail.com

自分の不調で気づいた、カラダとココロの結びつき

美紀さん3

「よろしくお願いします」と登場いただいた、お綺麗で柔らかいたたずまいの美紀さん。フラワーフォトセラピストの彼女の優しい雰囲気が、話しやすい空気を創り出してくれています。

海外大卒という経歴もあって知的なオーラも出ている彼女ですが、世界を飛び回っていたCA時代からどのような経緯で「フラワーフォトセラピスト」になったのでしょうか。

彼女の「人を癒して笑顔にする」というコンセプトがどんなところから生まれたのか、お話を伺いました。



まね子

フラワーフォトセラピーという言葉を初めて聞いたのですが、どんなものなのでしょうか?


美紀さん

専用のお花の写真を使って、潜在意識にアプローチして癒しをもたらしてくれるセラピーなんです。潜在意識にあるブロックを解消していくことでココロの状態を改善し、本当の自分を生きていけるようにすることができるんですよ^^ 実は、私自身がセッションを受けた体験が現在の私の原点にもなっています


まね子

美紀さん自身も体験されていたのですね。どういったきっかけでセッションを受けられたのですか?


美紀さん

退職して結婚してから、生活環境の変化もあったのかストレスで持病が悪化したんです。会社勤務のときは自分の「健康」について無頓着だったのですが、これをきっかけに自分のカラダに向き合おうと思ったんです。 で、食生活から見直そうとマクロビオティックについて学んで実践していくなかで「私たちのカラダとココロは食べたものでできている」ということを身をもって実感するようになったんです


まね子

食事って本当に「生きること」に直結する日々のイベントですもんね。まずはそこを見直されたと


美紀さん

そうです!一方「カラダを整えなければ!」という思いに囚われすぎてココロが疲弊してしまっている自分にも気づいたんです。


美紀さん

カラダだけでなく、ココロのケアも必要だと感じたんですね。そこから様々なセラピーを体験し、オーラソーマカラーセラピーと出会いました。そこで資格を取得しました。だから、もともとは自分を癒すための行為だったんです


まね子

自身をヒーリングするために様々なセラピーを体験してこられたのですね。セラピストになろうと本格的に始動されたのもその頃でしょうか


美紀さん

はい、クライアントの笑顔を目の当たりにすることで「人を癒すことが自分の喜びに繋がっているな」と感じるようになっていたんです。その後、フラワーフォトセラピー代表理事の内藤先生との出会いがあって、セッションを体験したんです。


美紀さん

私が求めていたのはこのセラピーだ!と直感して、資格取得に向けて勉強をスタートしたのがフラワーフォトセラピストになったきっかけです


美紀さん

通常セラピーは直接対面で行うものですが、フラワーフォトセラピーは独自の手法を使って遠隔セラピーが可能です。遠く離れた大切な人も癒すことが出来るなんて!私にとって最大の魅力に感じ、セラピストになりたいと思うきっかけとなりました

出産時にセルフヒーリングでココロのブロック解除を実感!自分のイメージに沿った生き方の手伝いをしていきたい

美紀さん5

人を癒すことが本当に嬉しいと話す美紀さん。自身をセルフヒーリングした出産では、バースプラン通りの感動的な出産を体験できたそうです。

ココロのブロックを解消し、その人がその人らしい生き方をできるきっかけになりたいと活動する美紀さんの、体験と原動力をお伺いしました。



まね子

美紀さんはご自身の出産でセルフヒーリングを行われたそうですが、どういったものでしたか


美紀さん

当時、私は第3子妊娠後期だったのですが、長男・次男のときは促進剤を使ったお産で、ただただ痛くて辛いだけの記憶しかありませんでした。


美紀さん

さらに助産師さんから私の出産パターンとして「自然な陣痛はこない可能性がある」と追い打ちをかけられていて、出産に対して強いストレスと不安を感じていたんです


まね子

出産って何回経験しても、痛いものは痛いし不安は不安ですよね


美紀さん

予定日を過ぎでも陣痛の気配がなかった自分に対して、習得したてのフラワーフォトセラピーでセルフヒーリングを行ったんです。すると翌日、3回目にして初めて自然な陣痛がきて、バースプラン通りの感動的な出産を経験することができました


まね子

わぁ、素敵です!ご自身で効果もしっかり経験された出来事でしたね


美紀さん

はい、過去の出産経験と助産師さんに言われた言葉が私のココロのブロックになっていたんだな、と改めて実感しました。ココロのなかにある不要な感情を解消すれば、自分のイメージに沿った人生を生きられると感じた瞬間でした

子どもも大人も、フラワーフォトセラピーで自分を知って人生を楽しんで生きてほしい

安永美紀

自分でも気づいていない「潜在意識の自分」を知って自分らしさを楽しんでほしいと語る美紀さん。フラワーフォトセラピーの効果と、今後の展望を語っていただきました。



まね子

美紀さんも3人のお母さんですが、フラワーフォトセラピーは子どもにも効果的なんだそうですね!どんな効果がありますか?


美紀さん

もちろん、我が家でも子どもたちに傷ができたかな?と感じたらすぐにフラワーフォトセラピーを行っています^^ 大人同様、子どもにもブロックはできてしまいます。人に言われた些細な事や過去の失敗からブロックができてしまうのです。それが大きなココロの傷になる前に、優しく傷口に絆創膏を貼るような感覚でフラワーフォトセラピーを使ってほしいのです。


美紀さん

ココロに閉じ込めたり、眠っている不要な感情をその都度解消することで、自分自身がかけていたブレーキを外してのびのびと育つ子になります。一例なのですが、8歳の子がおねしょが治らずにフラワーフォトセラピーを受けにきたことがありました


まね子

その子自身も親も、悩んだりなんでだろう?と思い詰めてしまいますよね


美紀さん

毎晩オムツをして寝ていたそうですが、容量オーバーで布団を濡らしてしまう日が続いたそうです。お母さまも悩んでいらっしゃいましたが、その子にセッションを行うと「寂しさ」「不安」「恐怖」などの感情が潜在意識にあったのですが、それらを取り除くと嘘のようにおねしょをしなくなりました


まね子

おぉ、それはその子にとってもお母さんにとっても、嬉しく自信に繋がる結果になりましたね!


美紀さん

はい、私も嬉しかったです!物事を解決する、ということはもちろんですが、何よりもその人自身が癒されて笑顔で自分のイメージする生き方ができる姿を見られることが本当に嬉しいし励みになります


まね子

素敵なお話をありがとうございます!とっても優しい美紀さん、同じ母親として頑張って働く女性にメッセージをお願いします


美紀さん

働いて、お母さんもして、自分のことが後回しになって傷を抱えたままの女性も多くいると思います。ココロを整えて、本来のあなた自身の人生を楽しめるよう、フラワーフォトセラピストとしてサポートしていきますので、安心して頼ってくださいね^^

安永美紀さん 座右の銘

カーネーション

フラワーフォトセラピーセッション

Mail:miki.flowerphoto@gmail.com
▶セッション料金:1回5000円 詳しくはHPをご覧ください
安永美紀ブログ

「フラワーフォトセラピー」って?

美紀さん1

仕事もあるし、母親として毎日忙しいし、夫婦関係や人間関係、様々なことに一生懸命で、いつの間にか自分のココロを置き去りにしていませんか?

✓最近辛いことが多く、悲しい気持ちになることが多い
✓慌ただしい毎日で、自分のことはいつも後回し
✓疲れてはいるけど、何をどうすれば自分を癒せるかわからない
✓子どもはイキイキのびのびと自分らしく笑顔で育ってほしい!

お花の写真を使って、まずはあなたのココロを整えませんか?

フラワーフォト

潜在意識にある、自分でも気が付いていない不要な感情を一つひとつ解消していきましょう。

そうすることで、本来の自分を取り戻して自分がイメージする人生を生きられるようになります。

子どもが笑顔でのびやかに育つにも、ココロのブレーキを外してあげることが大切です。

美紀さん2

自分でも気が付いていない「本当の自分の感情」を、優しく解きほぐすことで、ココロの力が回復していきますよ

フラワーフォトセラピーは直接セッションですが、オンラインでもセッション可能です。お出かけが難しい、夜しか時間がないという人でも大丈夫です♪

フラワーフォトセラピーの風景をちょっぴりご紹介♪

カーネーション

フラワーフォトセラピーセッション

Mail:miki.flowerphoto@gmail.com
▶セッション料金:1回5000円 詳しくはHPをご覧ください
安永美紀ブログ