LOVE♡ヨガ healthy&beauty「ヨガとダイエット②」

イチゴ LOVE♡ヨガ healthy&beauty

皆さん、こんにちは!

SYF(ステイホームヨガ&フィットネス)の歌丸です。

先週に引き続き、今週も「ヨガとダイエット」テーマにしていきたいと思います。

先週は肥満は未病であること、メタボリックシンドロームの恐ろしさをお話しました。

今週はお待ちかね、失敗しないダイエットの方法やコツを分かりやすくお話していきますね。

皆さまが自分のココロとカラダに向き合うきっかけになれば幸いです。

どうすればダイエットを成功させられるのか

ダイエット2

ダイエット。

それは、女性の多くが永遠のテーマのように掲げているものではないでしょうか。

かくいう私も自分のカラダを好きになるまでは太っていましたし、間違ったダイエットでリバウンドを繰り返して心身をズタボロにした経験があります。

巷にはたくさんのダイエット方法が溢れていますが、それは本当に自分のココロとカラダに向き合った健康になるためのダイエットでしょうか。

かつて私が経験したように、ダイエットを頑張っても続かない、リバウンドで同じことの繰り返し……と疲弊している方も多いと思います。

では、どうすれば自分の心身を健やかにできるダイエットができるのでしょうか。

一番簡単なのは、食べる量を減らし、運動量を増やすことです。

そんな当たり前のこと……と思いますよね。

ですが、ここにダイエットの落とし罠。

実は、食べる量を減らすダイエット法は「太りやすいカラダを作る最も簡単な方法」なのです。

ちなみにダイエットって日本語にすると何かご存じですか?

「痩せる」「減量する」と思う方も多いでしょうが、実は「食生活」って意味なんですよ。

リバウンドのメカニズム

ピザ

メジャーなダイエットだと思っていたのに、太りやすいカラダを作る最も簡単な方法ってどういうこと!?と思いますよね。

例えば毎日2000kcal取っていた人が1500kcalに減らすと1か月くらいで2、3kgくらいは落ちるかもしれません。

しかし……停滞します!!

それ以上は痩せなくなる。

なぜなら、カラダが1500kcalで維持できる低燃費のカラダになってしまったからです。

もっと痩せたいと思うなら次は1200kcalまで落とさなければなりません。

しかしそれで痩せたとしても、1か月くらいでまた停滞します。

さらに1200kcalで賄える、もっと低燃費のカラダになってしまったのです。

それに反比例して大きくなってくるのが、「食べたい」という本能です。

どんどん強くなってきます。

3か月くらいは余裕があった人も、半年ほどやっているとほぼ食欲に勝てず、少しずつ食べていってしまう。

そうすると低燃費のカラダに元の2000kcalの食事が入ってくれば、、、

そう、予想通りリバウンドですね。

だから、食制限系ダイエットだけで確実に痩せるのが難しいのです。

「あっちゃ~……身に覚えアリ……」という方も少なくないと思います。

こんな風にメカニズムを知っておけば、リバウンドする意味が分かりますよね。

うまくダイエットするコツ。それは「食べてもいい!」

朝食 食事

正しくダイエットを成功させるコツ。

それは、「食べること」。

ただし、

「〇〇をして食べる」「〇〇だけ食べる」「〇〇と〇〇の組み合わせだけ食べる」という食べ方はNGです。

上記のようにうたったダイエット本やハウツーサイトはあふれるほどあります。

・野菜から食べよう
・低GIのものをえらぼう
・たんぱく質を取ろう
・糖質制限をしよう

見聞きしたことがあると思いますが、どれも小技にしかすぎません。

どのダイエットでも必ずぶちあたるのが、好きなものをおいしく食べたいという本能です。

本能に勝てる人はいないのです。

だって本能って、生き物が持っている生きる根源ですから。

この本能をどうにかしようと真面目に頑張る人が、摂食障害などを引き起こしてしまうのです。

摂食障害とはいわゆる拒食症や過食症などのことです。

ダイエットがココロの病気まで引き起こすようになってしまうのです。

カラダの病気も困りものですが、ココロの病気は治癒が難しいです。

食事制限系ダイエットに一生引きずられている人も少なくないのです。

食事制限系は確かに最初に一気に効果が出やすいので、始めやすく手っ取り早いと思っている人が多いでしょう。

でも、結局リバウンドしてしまうのです。

それは、あなたの意志が弱いとかそういうことではなく「本能」の仕様なのです。

だから、食べていいんです。

もちろん、食事内容や食べる量は適正にカラダとココロが喜ぶメニューにしていく必要があります。

私もぶっちゃけこういった経験があったので、食事だけでなく、運動が重要だと思うようになりました。

ちょっと辛いお話になってしまいましたが、ヨガの動画で体動かしてリラックスしてくださいね^^

カラダをほぐすストレッチ&ポーズ

縮こまったカラダをぐぐーっと伸ばしてほぐすストレッチ&ポーズです!

すぐに始められる内容なので、ぜひ一緒にトライしてみてくださいね^^

次回は食事とダイエットについてお話していきます。

お楽しみに。

Utamarukazumi

歌丸和美
〇Stay Home Yoga&Fitness(SYF・シフ)ヨガインストラクター
〇2児の母/大阪在住
自身の経験から「健康で美しく生きる」ことに着目し、日本成人病予防協会の講師資格を取得する。産後ルーシーダットンに出会い、ココロとカラダのバランスを整えることの大切さを発信するためヨガインストラクターに。企業依頼の講演会講師なども務めながら、自宅にいながらできるSYFの講師・運営、認知症予防活動(ニヨ活)など多岐にわたって幅広く活動している。