【在宅ワーク】執筆作業の仕事内容と月収(報酬)額

執筆作業のお仕事 マネ活(お金を稼ぐ&つくる)

執筆作業
執筆作業(小説、ライトノベル等)の仕事内容と報酬額をまとめたページです。

執筆作業:中級者~上級者向け
おススメ度:★★★★☆
月収(報酬):2~20万円程度

向いている人:物語を書くのが好きな人、小説やライトノベルを書いたことがある人、シナリオや構成を考えるのが得意な人

仕事名称 執筆作業
在宅ワーク 内職、パソコン作業
難しさ/スキルの有無 難しい/必要
始めやすさ/探しやすさ 難しい/やや難しい
面接の有無 必要なしの場合もある
作業量/作業時間 普通/1日2~6時間程度
仕事スペース テーブルスペース程度
単価(平均) 800円~2,000円
月収額(報酬額) 2~20万円前後
仕事内容 小説やライトノベル、シナリオなどを執筆する仕事。仕事内容によって報酬の幅が大きく、単価の開きも大きい。季刊誌への連載や単行本化、受賞などで大きく稼ぐこともできる

執筆作業のメリット・デメリット

【執筆作業のメリット】
〇自分が好きな物語を書ける
〇クラウドソーシングなどで仕事がある
〇継続依頼を受けられれば仕事量が安定する
〇自宅以外での作業も可能
〇ヒット作や書籍販売になれば作家になれる

 

【執筆作業のデメリット】
〇パソコンがないと始められない
〇ある程度スキルが必要
〇取材やリサーチが必要な場合がある
〇クラウドソーシング等の登録が必要
〇クライアントとの打ち合わせが必要な場合がある
〇実務経験がないと雇ってもらえない場合がある
〇作家で著名になるには相当の努力が必要

執筆作業の注意点

〇パソコンが必要
〇納期厳守
〇実務経験など、ある程度スキルが必要
〇単価は高いが求められる質も高い
〇ヒットしなければ収入は安定しづらい
〇常にオリジナル作品を生み出す必要がある

小説が好きな人や物語を書くことが得意な人は、挑戦したい仕事と言えます。ヒット作を生めば作家の仲間入りとなりますが、著名になるにはかなりの努力が必要ですし、それまでは収入の保障もありません。シナリオライターや脚本は携われれば継続して仕事を獲得しやすく、単価も高いです。

企業や求人サイト、クラウドソーシング、ハローワーク等で募集していますが、数が多いわけではありません。新作を書き続けて発表するなど、コンペ参加や出版社に投稿し続けることも大切です。