【在宅ワーク】漫画家の仕事内容と月収(報酬)額

漫画家のお仕事 マネ活(お金を稼ぐ&つくる)

漫画家
漫画家の仕事内容と報酬額をまとめたページです。

漫画家:上級者向け
おススメ度:★★☆☆☆
月収(報酬):20~300万円程度

向いている人:漫画が好きな人、絵や漫画を描くことが得意な人、漫画制作の経験がある人

仕事名称 漫画家
在宅ワーク 内職、手作業
難しさ/スキルの有無 難しい/必要
始めやすさ/探しやすさ やや難しい/普通
面接の有無 出版社との面談は必須
作業量/作業時間 多い/1日2~12時間程度
仕事スペース テーブルスペース程度
単価(平均) 5,000~5万円
月収額(報酬額) 3~30万円前後
仕事内容 少年少女、青年レディースなど、各ジャンルで漫画制作をする。投稿や連載、雑誌や単行本化などによって大きく報酬が左右する

漫画家のメリット・デメリット

【漫画家のメリット】
〇漫画が得意な人は楽しみながら取り組める
〇趣味が実益になる
〇連載になれば安定した収入につながる
〇自宅以外での作業も可能
〇人気が出るとファンやオファーが増える
〇ヒットすればグッズや映画化などが見込める
〇一攫千金のチャンスがある

【漫画家のデメリット】
〇漫画を描いたことがないと難しい
〇センスやトレンドが求められる
〇手と目が疲れる
〇集中力が必要
〇漫画を描いても季刊誌に掲載されないと意味がない
〇結果が出るとは限らない
〇専門道具などが必要

漫画家の注意点

〇専門性の高い仕事内容で、作業量も多い
〇センスやトレンド感が必要
〇専門道具が必要
〇出版社に認められる必要がある
〇結果や収入を得る保障はない
〇悪質業者に注意

漫画を描いた経験がある人、読むことも描くことも大好きな人にはぴったりの仕事です。ある程度のスキルは求められますが、ストーリーや構成力に魅力があれば、目にかけてもらえる可能性もあります。ヒット作を生めば派生のビジネスチャンスもあり、一攫千金も夢ではありません。ですが、認められる漫画家は一握りで、有名になるにはかなりの難関を突破しなくてはいけません。保障がないまま継続して連載を勝ち取り、単行本などが刊行されるまで時間も労力もかかるハードな職種と言えるでしょう。

掲載ができるなどと偽り、出版社や業者を装ってお金を要求する悪徳業者が存在します。始める際にはその業者、人物が本物かどうか必ず調べて確認してからにしましょう。