子育てママ必見!河北裕介プロデュースブランド「&be」コスメ最新情報をお届け♪

河北メイク「ツヤ肌」2 Asako's LIFE UP オシャレ論♡

皆さん、こんにちは!
メイク/スタイリング講師のつかおあさこです。

新型肺炎コロナウイルスの影響で、暗いニュースが多いですね。自分も周りの大切な人も、くれぐれも気を付けて何とかこの状況を地球全体で乗り切っていきたいです。

さて、こんな時期だからこそ、気持ちが上がるニュースも必要ですよね!

4月1日に、メイクアップアーティストの河北氏プロデュースのブランド、「&be」から新作のコスメが発売されたのはご存知でしょうか

今日は、子育てママに嬉しい「&be」の魅力と新作コスメを存分に紹介していきます!

&beってどんなブランド?

河北裕介
「&be」は、雑誌やメディアで活躍中のヘアメイクアップアーティスト河北裕介さんがプロデュースしているコスメブランドです。

河北裕介さんは数多くの女優やモデルのメイクを手掛け、「河北メイク」としてその人気を博しています。河北さんが手がける化粧品はファンも多く、発売と同時に完売することもしばしば。書籍も出版されていて、「読む河北メイク: ただの美人にならなくていい。“最高の私”になればいい」などがあります。

VoCE
▲人気雑誌VoCEでも紹介されています♪

そんな有名アーティストの河北さんが手がける「&be」のコンセプト。

「&be」では、ヘアメイクの目線、子育てをする親目線の両方の視点から、皆さんの生活に寄り添える生活に関わるアイテムを作っていきます。
美容の好きな方から、敏感肌の方、お子さま、男性まで、幅広い方々に楽しんで使っていただきたいです。

引用:Produced by YUSUKE KAWAKITA 河北裕介 プロデュースブランド

「&be」は、幅広い人に使いやすいように趣向が凝らされているクオリティの高いメイクブランドなのです!

河北メイクの代名詞「ツヤ肌」に効く!ベースアイテム3つ

ツヤ肌メイク

引用:https://maquia.hpplus.jp/topics/account/news/makeup/QkCGUWc/

そしてそんな「&be」を実現した河北メイクと言えば「ツヤ肌」!河北さんのメイク術の代名詞と言っても過言ではありません。若い世代~ミドル世代まで、ツヤ肌は永遠のテーマですよね。このツヤ肌を叶えてくれるアイテムがコチラ。

&be UVミルク 30g

▲&be UVミルク 30g
カラー/スタンダード・ナチュラルベージュ
1,980円(税込)

ノンケミカルでとにかく肌に優しいのに、強力なUVカットを実現してくれる頼もしいベースアイテムです♪ 色白~普通肌の人はスタンダード、普通~健康的な肌色の人はナチュラルベージュを選んでみてください。

エトヴォス

こちらは以前、私が愛用していた河北プロデュースのETVOS ミネラルUVグロウベース。使ったことがある人も多いのではないでしょうか^^
メイクレッスンにお越しのお客様にも、肌質に合う人には散々オススメしてきた優秀アイテムです

……が!!河北さんとの契約満了により在庫限りで終了するとのことで……。

代わりになるベースを探していたのもあって、ベースとプレストパウダーを注文しました(あと、以前から出ている眉マスカラと)。

ベースメイク
左から

・&be UVベース ナチュラルベージュ
・&be プレストクリアパウダー
・&be アイブロウマスカラ ライトブラウン

です。皮脂や汗によるテカリやメイク崩れを防いでくれるプレストパウダーには期待大!肌をサラサラに保ってくれるので、これからの季節にも欠かせないアイテムです。

&be プレストクリアパウダー

▲&be プレストクリアパウダー
3,300円(税込)

実は、ベース自体は「&be」が立ち上がった2019年の夏前に発売されていて、トーンアップが叶う乳白色(スタンダード)のみでした。

「&be」のベースの特徴は石鹸オフできるぐらい肌に優しいのにSPF50PA ++++と非常にUVカット効果が高いところ。よく目にする機会もあると思うのですが、このSPFって何ぞや?と思いませんか。

SPFとは?

SPFとは、サンプロテクションファクター(Sun Protection Factor)の略で、肌に赤みを与える紫外線B波(UVB)を防ぐ目安の数値のことです。数値が大きくなればなるほどその効果は高くなります。要は、日焼け止めの効果があるってことです(ザックリ!)。

このSPF値は日焼け止めの持続時間と思われがちですが、SPFのあとに続く数値は、「この日焼け止めを塗った場合、何も塗っていない素肌と比べて何倍の紫外線に耐えられるか」を表しているもの。つまり、塗った肌が耐えられる紫外線量のことなんです。

たとえば、何も塗っていない素肌とSPF30の日焼け止めを塗った肌に、同時に紫外線を浴びせるとします。何も塗っていない素肌が日焼けしはじめた(赤くなり始めた)段階の紫外線量を基準として、SPF30の日焼け止めを塗った肌は、基準の30倍の紫外線量を浴びてからやっと同様の日焼けがはじまる、ということなんですね。

分かりやすく言うと炎症をどのぐらい長い時間防止できるか、という感じです。

PAとは?

SPFに次いで気になるのが「PA」というもの。PAはプロテクション・グレイド・オブ・UVAの略で、「UVA防止効果指数」とも呼ばれます。日焼け以外にもシワやたるみの原因になる紫外線A波(UVA)の防止効果を示すものです。

PAはSPFと同じく「素肌と比べて何倍の紫外線に耐えられるか」を測定して決めていますが、SPFは肌が赤くなるまでの紫外線量であるのに対してPAは「黒斑が確認されるまでの紫外線量」を比較しています。つまり、老化防止に効果のある数値ってことです(これまたザックリ)。

PAは数値ではなく、プラスの数で強さが表記されているのも特徴です。基準にするとこんな感じ。

・「PA+」……UVA防止効果がある
・「PA++」……UVA防止効果がかなりある
・「PA+++」……UVA防止効果が強力にある
・「PA++++」……UVA防止効果が極めて高い

SPFとPAの違い

SPFとPAの違いを簡単にまとめると

〇SPF……肌が赤くなる日焼け防止の数値
〇PA……肌が黒くなる日焼けを防止&老化防止の数値

このようになります。……最初からこの2行の説明だけでよかったですね(笑)。

「&be」ベースのココがスゴイ!UVベースの特徴と使い心地

河北メイク「ツヤ肌」

「&be」はSPF値、PA値共に高いのが特徴です。ですが、数値が高いものには「紫外線吸収剤」が含まれていることが多いんです。「紫外線吸収剤で珊瑚が死ぬ」という話を聞いたことがありませんか?

「紫外線吸収剤」は、紫外線に高い効果を発揮するものの、肌に悪い影響を与えることもある、とされているケミカル要素のことです。

紫外線吸収剤に関しては賛否両論ありますが、河北さんはご自身の講座で「珊瑚が死ぬようなものを肌につけたくない」という考えを示されています。なので「&be」のUVベースには紫外線吸収剤は使用されておらず、ノンケミカル処方なんです。

ノンケミカルの場合「紫外線散乱剤」を使用することになるのですが、紫外線散乱剤は無機粉末を使用するので、肌にのせた時にきしみ感が出てしまうことがあるんです。もちろん紫外線吸収剤よりは肌に優しいのですが、肌触りといった部分では抜群とは言えません。

私も「&be」立ち上がり当初に発売されたスタンダード色(乳白色)を使用していましたが、少しきしみ感が感じられました。

UVベース

左が前作のスタンダードカラーです。愛用していたETVOSと比べるとやはり滑らかさが違いました。もちろん、親子で使えることや体にも使えることなどのメリットもありますが、自分のなかでは「一軍ではないかな」という印象でした。

あるとき、化粧品を開発されている人とお話した際に「&be」の下地は、あれだけの数値でこれだけのことを叶えられるのは相当な努力が必要だと仰っていました。他社メーカー様をそこまでうならせる実力とは……さすがと言ったところでしょうか。

「一軍ではない」なんて偉そうなこといってごめんなさい。下記はUVベースの組織成分表です。

組織成分表

こうやってみると、本当に化学成分排除に力を入れているんだなと一目で理解できますよね

私が参加したことのある河北講座では、エタノールに関しても「理科室にあるアルコール塗ってるんだよ?恐くない?」と仰っていたので、(河北講座では超フランクに話して下さいます笑)「&be」の製品では使用されていません。

そして、なんといっても石鹸オフができるところも努力の結晶が伺える部分です。ベースメイクを石鹸オフできるぐらい、肌に優しいものだけで作られている証拠ですよね。

そういう経緯もあって、今回数量限定ではありますが、さらに努力が重ねられたであろうナチュラルベージュが発売されるのがめちゃくちゃ楽しみだったんです!

さて。前置きが長くなりましたが(スミマセン……)。

満を持して発売された新作の使い心地を、旧作と比較しながら紹介していきます!

新しいUVベースは旧作とどう違う?肌ざわりや仕上がりを徹底検証!

新旧UVベース検証

早速、新旧を並べてみましょう!はい、この時点でカラーは全然ッ違いますね。

乳白色の方(旧作)は少しきしみ感があるのでしっかりのばしていくことが必要です。これに限らず、きしみ感があるベースを使用する際に絶対必要なのが「肌の潤い」です!

お手持ちの下地が「のびが悪いなぁ~」「ムラになっちゃうなぁ~」という人は肌の潤いが足りないかもしれません。朝のスキンケアはベタベタさせたらダメ!と思ってオイルやクリームを省きがちですが、肌を潤わせることで表面が滑らかになり、その分ベースが密着しやすくなるんですよ。

なので、スキンケアをしっかりしてからベースメイクをスタートさせて下さいね^^

ちなみに。

子どもと一緒に使えるとのことで小学生の娘に自分で付けさせたら、結構白浮きしていました(そりゃそうか……)。子どもの肌はキメが細かいですが、乾燥もしがちです。子どもに使用するときも、肌を保湿してあげてから塗布すると綺麗に馴染みますよ。

ナチュラルベージュの使用感と下地の選び方

ナチュラルベージュ(新作)はとにかくきしみ感ゼロ!これはビックリしました。瑞々しさはETVOS並みです。ウヒョー、使いやすい♪

こ、これは~!と興奮しながらのばしていきました。

色がしっかりついているので、トーンアップというより健康的な肌色にしてくれます。普通の肌色~日焼け肌に合うカラーですね。顔は白い方だけど、首に日焼け止め塗り忘れ多々で首だけ黒い、というようなズボラな人にも合うかと思います(私のことです)。

実際のそれぞれ仕上がりはコチラ。

新旧ベースのみ

いずれもベースだけ塗った状態ですが、ツヤ感はどちらも本当に綺麗な仕上がりです。明るさは、カラーそのまま反映されていますね。スタンダードの方がかなりトーンアップされていて、ナチュラルベージュは馴染んでいます。

〇自分にはどっちのカラーが似合うかな?
〇ベースカラーってどうやって選んだらいいんだろう?

下地のカラーひとつとっても、自分の「どう在りたいか」を反映させていくことが大事です

「キリッと大人っぽい女らしい雰囲気でいたいからトーンアップさせたツヤ感がいいな」と思えばスタンダードの乳白色をオススメしますし、「子供とワイワイ、健康的な雰囲気でいたいから、肌に馴染んだツヤ感がいいな」であればナチュラルベージュを選択します。

この「なりたい雰囲気」を追求するクセを付ければ、どんなシーンであってもアイテムチョイスに迷いがなくなります

たとえば、「今は仕事を頑張りたい!仕事をテキパキこなしたい」だったらそんな自分はどんなイメージだろうと自分に聞いてみるんです。どんな自分だとしっくりきますか?

自然体の大人っぽい自分?それともデキる女っぽい自分でしょうか。

イメージした「在りたい自分」をメイクに反映させていくようにします。私が開催しているスタイリングレッスンでも、「どう在りたいか」「在りたい自分になる方法」をご紹介しています。

わたしだと、「コロナの影響で自宅仕事が増えて子どもとずっと一緒だから、健康的で快活な自分でいたい」と思う。だから、スタンダードよりもナチュラルベージュのカラーが今はしっくりきています。

こんな風に「自分がそのときどう在りたいか」からアイテムに落とし込んでいくと、膨大な情報量から自分の選択に納得できるようになります

自分の日常がもっと自分の思い通りになるから、モヤモヤしなくなりますよ~。自分の意志と辻褄が合った行動をしているのだから、当然前向きで良い結果に繋がるのです。

隠れ最強アイテムの「プレストパウダー」

UVベースにかなりの時間を費やしてきましたが!これをなくしてツヤ肌作りはできません。

なんと言ってもこのプレストパウダーがスーパー最強アイテムでございました。

何が最強って

・付け心地
・使い勝手
・透明感
・潤い感
・密着感

どれをとってもパーフェクト。素晴らしすぎませんか。UVベースはもちろんですが、こんな隠れ最強アイテムがあったなんて!感嘆ものです。

プレストパウダーとブラシ

パウダーはブラシでオンする方が断然オススメ。パフだと肌の凹凸関係なく覆っていきますが、ブラシでくるくる馴染ませると毛穴に綺麗に入ってくれます。よって「カバーしながら透明感は出せる=キメ細かい肌が実現」になりますよ♪

そしてそして、パウダーは塗る部分が超大事です!

河北アイテムならではのツヤ感を消さないようにするために、Tゾーンから馴染ませてブラシに残った少量で頬を整える。ワンポイントテクニックで、少し小さめのブラシに替えて、眉と下まぶたにもパウダーをのせるとGOOD

眉は湿っているとアイブロウがのりにくいのでしっかりと。下まぶたにのせるのは、アイメイク崩れを防止するためです。湿っているとシャドウやマスカラが付きやすく、崩れてしまうので、このワンテクを使えばその心配もありません。

私が使用した感想ですが、このパウダーはとにかく厚塗り感が全くないんですね。保湿系のパウダーは粒子が膨張して崩れてしまったり、サラサラ系パウダーは肌がカサッとなりやすいなど、一長一短な場合がほとんど。

しかしこのアイテムはまさにいいとこどりのパウダー!毛穴は綺麗に見せてくれて、厚ぼったくないのに肌に密着して乾燥させにくく、潤いのままサラサラにしてくれます。パウダー初心者の人でも使いやすく、透明感ある仕上がりが手に入ります♪

もちろん、成分にもこだわっています。

組織成分表2

UVベース同様、石鹸オフもできます。

綺麗なツヤ肌を作るためにはベースももちろん大事なんだけど、仕上げのパウダーにかかってると言っても過言ではないんです

なぜならせっかく綺麗なツヤ肌を作っていても、最後のパウダーの量が多すぎたりうまく乗せられないとツヤ感が消えてマットになり古い印象になってしまいます。

逆にパウダーなしで全体的にツヤツヤしていると、のっぺりした印象に……。

パウダー ビフォーアフター

百聞は一見に如かずですね(フフフ)。いかがでしょうか。パウダーをのせた後の方が顔が引き締まった感じがしませんか?

パウダーを使うことでメリハリのある顔に仕上がり、欲しい部分だけツヤ感を出せるようになります(チークはなしで、リップだけつけました。リップの役割も重要ですね)。

このパウダーは一度は使ってみてほしい逸品!ほんとおススメです

ちなみに上記メイクはベースの後に赤のクリームチークをクマにつけ、その上からベージュのファンデをのせてコンシーラー代わりにしています。

クリームチーク&ベージュファンデ

使用したアイテムは↑です。パウダーでフィニッシュ。これだけツヤがしっかり出ているので、ハイライトは使わなくてもOKです。これで完璧なナチュラルなお肌の出来上がりです♪

肌への優しさと仕上がりの美しさを兼ね備えた最強コスメ「&be」

河北メイク「ツヤ肌」2

こんな素敵なアイテムでメイクすれば、忙しい朝でもパパッと時短でイケてる自分が鏡に移っちゃいますよ、あら素敵♡

子どもが牛乳こぼそうが、喧嘩して泣きわめいていようが、大泥棒が入ったような部屋になっていようが、鏡の前のアナタはとっても素敵です。ありがとう「&be」

河北さんご自身も肌が弱いこともあり、同じく肌が弱いETVOSの社長(多分)とコラボ商品を作ったと「&be」が世に出るずっと前に話されていました(この話も講座に参加した時に聞きました。ピテラが合わないんだよ~とのこと笑)。

その河北さんがメイクアップアーティストとして、また父親として「日常に寄り添えるものを」と作られたのが「&be」というワケです。河北さんご自身もお子さんと一緒に使われているんだそう。自分のメイクも綺麗に仕上がり、子どもにも使えたら一石二鳥ですよね!

今回は、大ファンである河北さんが新作を出されたということで飛びつき、講座でご本人から聞いたお話なども交えながら紹介させて頂きました。実際に使ってみると、その中身から相当な努力が伝わってくるものばかりでした。

実は私はメイクアイテムだけでなく「&be」のオイルも使用していますが、これもまた本当にコスパ良いんです!長くなるので簡潔に言いますが、オイルの容器はめちゃくちゃ簡素なんです。でもこの容量・質であの価格のオイルってほとんどない(このとかあのとか……すみません)。

「容器を安くしても中身にこだわりたかった」河北さんの姿勢が見えてくるというか。

だから次も買いたいな、って思うんですよね^^

メイクを教える者として、そういう姿勢が素敵だなと尊敬せずにはいられません。

「&be」を推しているのか河北さんを推しているのか、分からなくなっちゃいましたが、ともあれ「&be」のベースメイクアイテムは

✓日焼けもしっかり抑えてくれる
✓肌に優しい
✓メイクの仕上がり感もバッチリ

というべた褒めな結果となりました。

「&be」フルメイク
敏感肌や乾燥肌、仕上げのパウダーに悩んでいる人はよければ是非、使ってみて下さい。アイブロウマスカラはまた別の機会にご紹介させて頂きますね。

では、また来週お会いしましょう~!

Asakoの一コマ♪

ママの顔自粛発令前に末っ子とデート。難波のブルックリンも好きだけど、岸和田の方も素敵な空間でした!終息したらまた行きたい♡

※この記事は個人的感想であり、PRではありません。限定発売商品のため、売り切れの可能性があります。

Asako

Asako
〇「意図するオシャレ」講座主宰/メイク&ファッションコーチ
〇4児の母/大阪在住
「自分の幸せは自分次第♡」というコンセプトで、綺麗になりたい!の向こう側にある生まれて良かった、に辿り着くメイクレッスンを開催中。受講者の「どう在りたいか」に添って、顔立ちやライフスタイルに合わせたメイク法やスタイリング、お客様の本質的な意図を引き出す事前のヒアリングなどが受講者に好評。つかおあさこの意図するmake/styling